jinlog

スタートアップに入社し、フィリピンのセブ島で働いている男が綴るブログ。

日々に変わる心

f:id:ryohei_j:20170422144934j:plain

草間彌生展「わが永遠の魂」に行ってきた。

kusama2017.jp

感じたことは、以下の2つ。

1. 生きづらさを受け入れ、なおも力強く生きる

多くの人ができている企業勤めが苦手な人や、日本で生まれ育ったにもかかわらず、日本社会で生きづらい人というのが、この世にはいくらかいる。

草間さんにとってはこの世界そのものが生きづらいのだと思うが、かといって世界に絶望をしているわけでもなく、むしろ肯定し希望を持っている。

現状を受け入れ、自らの心に従い、力強く生きようと思った。

2. 挑戦や成長に年齢は関係なく、限界もない

一番好きな作品は『日々に変わる心』という作品。

2015年の作品で、中心部分は黄色一色、周りには様々なモチーフが色鮮やかに描かれている。

僕が思うに、中心部分が黄色一色なのは、まだまだ挑戦したり変化する余力があるってことだ。

2015年時点で既に80歳を超えているにもかかわらずだ。

僕も様々なことに挑戦し、変化を楽しむ人生を送りたい。