J's LIFE

スタートアップに入社し、フィリピンのセブ島で働いている男の日常。

英語力と年収の関係を知っておくと、英語学習のモチベーションになるよ!

f:id:ryohei_j:20170611173326j:plain

英語を話せると、日常生活でどんなメリットがあると思いますか?

海外旅行に行った際に役に立つとか、外国人の友人や恋人ができるとか、映画や音楽をより楽しめるとか、いろいろありますね。

仕事に関して言えば、日本以外で働くチャンスが増えますし、TOEICでの得点が入社や昇進の条件になっている場合もあります。

では、次に英語力と年収の関係性について考えてみましょう。

具体的なデータがある!

英語力と収入って関係がありそうなのは感覚的にわかるけど、実際どうなの?

そんな疑問に答えてくれる明確なデータを見つけたので紹介しますね。

www.rarejob.com

日常的な英語の読み書きができる人の割合

<年収500万円未満>

  • できる:22.4%
  • できない:77.6%

<年収700万円以上>

  • できる:48.7%
  • できない:51.3%

やはり高収入を得ている人々における英語ができる割合は高いという結果です。

もちろん英語力のみが収入を決めるわけではありません。
ですが、重要な要素の一つであることはわかったと思います。

自分の価値を高める

高い収入を得るためには、人との差別化が重要です。
みんなと同じことができるだけでは、同じ収入しか得られません。
スキルを身につけ人材としての価値を高めることで、高収入を得られます。

英語力を獲得するために努力することは、大きなリターンを生みます!
今からでも遅くはないので、英語力獲得に向けて、頑張りましょう!

おわりに

僕はセブ島留学である程度の英語力はつきましたが、まだまだです。

そのため今は、オンライン英会話のレアジョブを利用しています。

月額6,000円ほどで毎日25分のレッスンを受けることができます。

英語を話せるようになるには、実際に話すことが最重要です。

興味がある方は、無料体験レッスンから始めてみてください!

また、こちらの本も非常にオススメです。

著者の経験を元にどうやって勉強するかということが書かれています。

僕は実際に、留学中はこの本に書かれている方法で勉強していました。

なお、英語学習については、今後もシェアしていきたいと思います!