jinlog

スタートアップに入社し、フィリピンのセブ島で働いている男が綴るブログ。

レアジョブの感想と効果的な活用方法

f:id:ryohei_j:20170611174921j:plain

英語力アップのために、オンライン英会話の大手、レアジョブに登録しました。

基本の日常会話コースで数回レッスンを受けてみた感想と、それを受けて今後どう活用していくかということをシェアします。

オンライン英会話は、ただ毎日講師と話しているだけでは、時間の無駄です。

ではどうすればよいかというと、レッスン前後の予習復習がポイントになります。

講師の質、通信状況

講師はなるべく経験年数が長い方を選び、回線はフィリピンでWi-Fiを利用していますが、特に問題は感じませんでした。

詳しくは後述しますが、重要なのは選択するコースとレッスン以外の自学自習ですので、そこまで気にしなくていいでしょう。

講師を探す際には、日本語ができるかどうか、初心者向きかどうかといった様々な条件で検索できますので、親切な設計です。

毎日25分で効果はあるのか?

結論から言うと、オンライン英会話だけでは英語は話せるようにはなりません。

もちろん、実際に英語を使って会話をすることは、英語学習にとって非常に重要です。

リアルな英語をリアルタイムで耳で理解して、それに対して即座に英語で返答する。

この練習をしなければ、英語を話せるようにはなりません。

でも、オンライン英会話ってのは、アウトプットの場なんです。

インプットがなければ、アウトプットするものもありませんよね?

毎日25分、インプットをせずにアウトプットを繰り返しても無駄です。

どう活用すればよいのか?

*これはあくまでも僕がこれからやろうとしていることです。

コース:ディスカッション(ニュース記事について話し合うコース)

予習:記事の音声を聞いて、音読し、内容を理解しておく。

授業:積極的に自分の意見を述べ、相手に質問もする。

復習:うまく伝えられなかった部分を洗い出し、次回に活かす。

このサイクルを回していけば、インプットとアウトプットをバランス良くできます。

また、リスニング・リーディング・スピーキング・ボキャブラリーと4つのカテゴリーでスキルを伸ばすことができるわけです。

というわけでプランが決まったので、今後はこの通り進めていきます。

オンライン英会話に関しては、こんな感じで定期的に情報を発信していきますね!