J's LIFE

スタートアップに入社し、フィリピンのセブ島で働いている男の日常。

セブ島在住者の1ヶ月の生活費

f:id:ryohei_j:20170610105339j:plain

今回は、セブ島で暮らしている僕の生活費についてです!

東南アジアやフィリピンと言うと物価が安いイメージがあると思います。

実際のところはどうなのか、給与や税金なども含めて全て公開します。

海外での生活や仕事をすることに興味がある方は、参考にしてください!

収入

約11万円

僕は日本企業のフィリピン法人に雇用されていて、給与は1ヶ月5万ペソです。
この金額は、現地採用の日本人としては標準的な金額です。
1ペソは現在約2.2円ですので、日本円にして約11万円ほど。

税金

約2万5千円

給与の2割ほどが税金として引かれ、手元に残るのは約8万5千円です。

*ちなみに、日本の年金等は今は払っていません(今後どうするかは検討中)。

家賃

0円

会社が用意したコンドミニアムに住んでいて、家賃は会社が負担してくれています。
自分で負担するとなると3万円くらいの出費になるので、本当にありがたいですね。

光熱費

0円

こちらも会社の負担です。
フィリピンは電気代が高く、日本とそんなに変わりません。

食費

約2万5千円

朝:近くのパン屋で買ったパンを食べています。1日約30円。

昼:会社の近くのファストフードやレストランを利用しています。1日約400円。

夜:昼と同じで、たまにローカル食堂を利用することもあります。1日約500円。

家にキッチンがなくて自炊ができないので、外食せざるを得ないのです…

その他には、定期的に水を買っているくらいですかね。
お酒は飲みませんし、お菓子などもあまり食べません。

ということで平均すると1日あたり約1,000円、1ヶ月2万5千円ほどですね。
安いローカル食堂の利用を増やして、もう少し費用を抑えたいところです。

衛生費

1,500円

トイレットペーパーなどを買ったり、服のクリーニング代ですね。
家に洗濯機が無いので、クリーニング屋を利用せざるを得ないのです。
服や家電は今のところ買っていませんが、今後は何か買うかもしれません。

通信費

約2,000円

999ペソで1ヶ月使い放題のプランを利用しています。
1日あたり800MBまで通信がてきて、通話もできます。
最初にSIMカードを買って、毎月チャージするって感じですね。
家には会社が用意してくれたWi-Fi回線があり、オフィスでもWi-Fiが飛んでいて、1日に800MBも通信しないことがわかったので、次月からはもっと安いプランに切り替えるつもりです。

趣味・娯楽費

約1万2千円

5月は1回ダイビングに行ったのが、大きな出費になりました。
あとはカフェでコーヒーを飲んだり、kindleで書籍を買ったり。

今後も主な出費は、電子書籍やWebで観る映画、ダイビング代になると思います。
本当はもっとお金をかけたいところですが、当分は控えめにして、貯金します。

交際費

0円

一緒に遊ぶような友達はいません…笑

貯蓄

約3万円

余ったお金は貯金して、帰国する際の旅費や、今後電化製品などを買う際に使います。

日本で仕事をしていた際は、貯蓄の一部を投資信託に回していました。
毎月自動引落に設定しておけば、非常に楽で初心者にもオススメです。
もちろん、銀行に預けておくよりも遥かに高い利益が出ていましたよ。

こちらの貯金も投資に回したいのですが、海外送金の方法がわかっていないのと、まずは急にお金が必要になったときのための蓄えが必要なので、一旦ストップしています。 

家計簿アプリの紹介

僕は「かけ〜ぼ」というアプリで収支管理をしています。
無料でシンプルなデザインながら、かなり多機能です。

ご自身の生活を見直しすために、使ってみることをオススメします。

かけ〜ぼ(家計簿)
かけ〜ぼ(家計簿)
開発元:Kyoko Sato
無料
posted with アプリーチ

ちなみに、僕は家計簿は1円単位で細かく記録しなくてもいいと思っています。
なぜなら収支の全体像を把握して、修正していくことが重要だからです。
正確に記録するのが面倒になり、継続できなければ意味がありません。

おわりに

こんな感じで、現実はリゾートやリッチな生活というイメージからはほど遠いですな。

でも、僕がミニマリスト的な生活を目指しているのと、セブの気候や今の仕事に満足しているので、特に不満はないです。

毎日美味しいもの食べたいなーとか、ダイビングに行きたいなーとかたまに思いますけど、そういった欲望はどんな生活をしていても尽きないでしょうしね。

僕が働いているのは設立間もないスタートアップなので、頑張って結果を出せば会社が成長し、それに合わせて僕の給与も上がると信じて頑張るだけです笑。

現地でのリアルな生活の様子やお金の話は、また機会があれば書きたいと思います!