J's LIFE

スタートアップに入社し、フィリピンのセブ島で働いている男の日常。

市場価値=収入ではない

f:id:ryohei_j:20170619122206j:plain

収入の多寡というのは、人材の市場での価値を表す指標の一つである。

年収500万円の人は、年収300万円の人よりも価値があるということだ。

ここでの価値というのは、スキルや経験を備えていることを意味する。

これはこれで正しいけど、でも収入を決める要因ってこれだけじゃないよな?と思ったので、人材としての価値と収入の関係について、つらつらと思ったことを書いていく。気軽に読んでね。

スキルを身につけて海外に飛び出したら収入が下がった

某一部上場企業を辞めてセブ島に留学し、英語とプログラミングを学んだ。
その後は現地採用の仕事を見つけて、そのままセブ島で仕事をしている。

年収は300万円ほどだったのが、130万円ほどになった。

英語とプログラミングを学んだのに、下がっとるやん。
しかも日本を飛び出して、外国で働いてんのやで。
僕の人材としての価値は上がってるはずなのに。

(もちろん収入に関しては納得済みで入社している。騙されたとかはない。)
(現地採用の日本人としては標準的な金額で、残業代とかももらってる。)

日本とフィリピンでは物価に差がある

フィリピンの大卒者の月給は2万円ほどで、日本とは10倍近い差がある。
当然、フィリピンの方が日本よりも生活コストも低い。
だから、そこで働く僕の収入も低くなる。

まあ理屈としてはわかる。
そうだよねーって感じだ。

でも、僕の人材としての価値と物価は無関係じゃねーの??

いやならやめろ

需給バランスを考えれば、誰もやりたくない仕事の給与は高くなり、逆に人気の仕事の給与は低くなるはずだ。実際に飲食店のアルバイトが集まらず、時給が高くなっているなんて話を聞く。

「お前のように低い給与でも受け入れるやつがいるから、低いままなんだ!」
と言われたら、確かに僕が受け入れたというのは事実だから、そこは認める。

でも、その理論って本当に正しいのか?

銀行員やテレビ局員が高給取りで、介護士や保育士が薄給なのはなぜだ?
市場原理が機能していれば、是正されて平準化されているのではないのか?

実際の仕事選びは、仕事内容や将来性、世間のイメージなどが複雑に絡みあう。
終身雇用といった慣習もあるし、人は常に合理的な選択をするわけではない。

だから、僕は市場原理にまかせておけば平準化するとは思っていない。
長年にわたって形成、維持されてきた制度と慣習が強力すぎるんだよ。

新入社員が月給20万円もらえるのも謎

大卒の新入社員って、だいたい20万円貰ってますよね。
何のスキルも実績も無いし、将来性も未知数なのに笑。

これも意味がわからない。
合理的な根拠ないでしょ。

今後のスタンスと戦略

今の収入が自分の人材としての価値に見合ってるかってのは常に意識する。
見合ってねえ!と思うくらいに働いて結果を出すくらいじゃないとダメだ。

強い自負があれば、単価や給料を上げろって交渉ができる。
上げないなら辞める、転職するって言うこともできるしね。

別に金持ちを目指してるわけじゃない。
収入の目標とかを考えたこともない。

でも、自分のスキルで仕事している以上は、適正に評価されてしかるべきだ!

おわりに 

最後に働き方を考えるのにオススメの本を1冊紹介します。

この本には、仕事と収入の仕組みとどう対処すべきかが書いてあります。
ご自身の仕事や働き方を考えるキッカケとしてぜひ読んでみてください。