jinlog

日系ベンチャーに入社し、フィリピンのセブ島で働いている男が綴るブログ。

爆音映画祭で『千年女優』を観てきた!

f:id:ryohei_j:20150514202730j:plain

*当記事は2013年6月の記事を再編集したものです。

爆音映画祭とは?

その名の通り、音楽ライブ用の機材を使用して、爆音で映画を上映するというイベントです。

吉祥寺のバウスシアターの他、全国各地の映画館などで行われているんですよー

往年の名画を大迫力の爆音で観ることができる素晴らしい機会!

『千年女優』とは? 

千年女優 [Blu-ray]

千年女優 [Blu-ray]

 

今回僕が観たのは『千年女優』というアニメ映画です。

(ちなみに、チケットを買おうと思った時にはすでにいくつかの作品は売り切れていて、ほとんど選択肢がありませんでした。)

この映画は観たことはなかったのですが、気にはなっていました。

なぜなら、監督は今敏さん、音楽を担当するのは平沢進さんだからです!

今監督は『パプリカ』や『PERFECT BLUE』、『妄想代理人』などを製作したアニメ監督で、世界的にも知られています。

パプリカ [Blu-ray]

パプリカ [Blu-ray]

 

 

パーフェクトブルー 【通常版】 [DVD]

パーフェクトブルー 【通常版】 [DVD]

 

 

2010年に病気で亡くなってしまったのが本当に残念でなりません。

そして平沢進さんは、70年台からP-MODELというバンドのヴォーカルや、ソロとしても活動しているアーティストです。

BERSERK -Forces-

BERSERK -Forces-

  • 平沢進
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 ジャンルとしては、テクノと民族音楽を融合させたような、なんとも一言では言い表せない独自の路線を突き進んでいます。

上記の今監督の作品でも音楽を担当していて、以前に『パプリカ』を観た際に存在を知り、それ以降すっかりファンになりました。

平沢進さんについては、いずれ改めて紹介したいと思います。

爆音で名画を堪能

さて、爆音映画祭の感想ですが、『千年女優』という作品は爆音映画祭にピッタリな作品だと心から感じました。

『千年女優』は観ていただければわかるのですが、アニメだけが可能な表現で作られていて、小説や実写では絶対に作品化することができません。

そのような作品を映画館のスクリーンで、それも爆音で観ることができたというのは本当にラッキーでした。

みなさんもお近くの映画館等で爆音映画祭が開催される際にはぜひ行ってみてください!

やはり映画というのは、巨大なスクリーンで観てこそその面白さや感動を味わえるというものです!